★国内正規品★★送料無料★CASIO / G-SHOCK 電波 ソーラー 腕時計 / GW-M5610BY-1JF g-shock gショック Gショック G-ショック ◆2色成形バンドを採用したNewモデル◆


★国内正規品★★送料無料★CASIO / G-SHOCK 電波 ソーラー 腕時計 / GW-M5610BY-1JF g-shock gショック Gショック G−ショック:SPRAY ◆2色成形バンドを採用したNewモデル◆


2017-11-07 01:47:53pm

★国内正規品★★送料無料★CASIO / G-SHOCK 電波 ソーラー 腕時計 / GW-M5610BY-1JF g-shock gショック Gショック G−ショック:SPRAY ◆2色成形バンドを採用したNewモデル◆
model:HR966494
当店通常価格18000.0000円 (税込)
価格11340.0000(税込)

■Item info
製 品 説 明


タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKから、2色成形バンドを採用し、スポーティミックスをデザインテーマにしたNewモデルが登場。

ブランドカラーのブラックをベースに、ハイテクスニーカーなどに用いられるインパクトあるカラーリングを採用。
バンドの裏面にイエローで成形した樹脂を張り合わせ、細部までカラーリングにこだわりました。
文字板にスポーツウェアなどに見られるオレンジのグラデーションをあしらいました。
トレンドのスポーティスタイルを身にまとい、ファッションシーンに存在感を放つNewモデルの登場です。

● ケース・ベゼル材質: 樹脂
● 樹脂バンド
● 耐衝撃構造(ショックレジスト)
● 無機ガラス
● 20気圧防水
● タフソーラー(ソーラー充電システム)
● 電波受信機能:自動受信(最大6回/日、中国電波は最大5回/日)/手動受信、
<日本> 受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
<北米地域> 受信電波:WWVB、周波数:60kHz
<ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz
<中国> 受信電波:BPC、周波数:68.5kHz
*ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市にあわせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
● ワールドタイム:世界48都市(29タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、UTCダイレクト呼出機能
● ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
● タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
● 時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
● バッテリーインジケーター表示
● パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
● フルオートカレンダー
● 12/24時間制表示切替
● 操作音ON/OFF切替機能
● ELバックライト(フルオートELライト、残照機能付き)
● フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間機能使用の場合:約10ヵ月
パワーセービング状態の場合:約26ヵ月
● ホームタイム都市 (受信機能対応都市) /受信電波
東京、ソウル、台北 /日本の標準電波 JJY40・JJY60
(ホノルル)、(アンカレジ)、バンクーバー、ロサンゼルス、エドモントン、デンバー、メキシコシティ、シカゴ、マイアミ、トロント、ニューヨーク、ハリファックス、セントジョンズ /アメリカの標準電波 WWVB
リスボン、ロンドン、マドリード、パリ、ローマ、ベルリン、ストックホルム、アテネ、(モスクワ) /イギリスの標準電波 MSF・ドイツの標準電波 DCF77
香港、北京 /中国の標準電波 BPC
※( )内の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
※電波受信が行なわれない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
● サイズ(H×W×D) : 46.7×43.2×12.7mm
● 質量 : 52g

更新情報

私は3年の年月をかけてインドにてコンサルタント会社設立の準備をし、このほど「Nakajima Consultancy services LLP(NCS)」を設立しました。日本にとってインドは大変重要な国であり、この重要性は中国の発展に比例し益々大きくなっています。
ご縁があって私の後半部の人生の殆どがインドとの関わりであり、自分がお世話になったインドのため、何ができるか10年前から考えて参りました。
インド市場の現実を鑑みて、更にインドが発展するためには世界で通じている日本の中小企業の技術のインドへの導入及び企業進出が有効であり、この促進に微力ながらご協力することが、私が貢献できる分野ではないかとの結論に達しました。

2012年11月現在で日系企業926社(のべ拠点数は1,804ヶ所)がインドに進出しているそうですが、中国とともに世界でもっとも発展性・将来性のあるインド市場を勘案すると、日本企業のインド進出案件はまだまだ少ないと言わざるをえません。
しかも、その殆どは大企業か特定業界の中企業であり、ビジネス・チャンスが多いインドにこれからはもっともっと日本の中小企業が色々な分野でインドに進出して頂くことが必要であり、それがインドの国益になり、同時に日本の国益となると考えた次第です。

  • 42年間のインドビジネスの経験(インド滞在歴16年)
  • インド向けビジネスプラン作りから会社設立および会社経営のご支援の一貫したサービスの提供(ワン・ストップ・サービス)
  • 商社勤務時代に10社以上合弁事業を立上げた実績
  • インド一流企業10社以上の経営アドバイス
  • 現在約20社の日本企業をコンサルタントとしてご支援
  • 豊富な人材スタッフと良心的な価格でのサービス(30人以上の豊富な経験・知識を有するインド人協力者のプロフェッショナル集団)
  • コンサルタント会社経営以外に自らの会社3社を経営している実績
  • 40年間以上にわたって培ってきた豊富および多岐にわたるインド人人脈
  • インド政府との強力な人脈
  • インドセミナー講師として最も売れっ子のインドスペシャリストの一人

良心的な価格設定、
圧倒的な問題解決力、人脈が強みです。

お困り事は悩まずに身近なプロにご相談ください。